店長の武器庫 A&K製M249 MINIMI MkⅠ

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
私が現在唯一所有しているベルトリンク式のLMGですw
実は以前また、MK46を持っていたのですが、まったく使わないので売ったのですが、当フィールド「ラグナロク」では、広い故にどうしても牽制射撃が必要な場面があり、また買った次第です。
このMk1は、湾岸戦争時によく使われ、特徴は、固定式スケルトンストックと、放熱カバーがなく、アウターバレルがむき出しの所です。
個人的には、アウターむき出しの無骨な所が好きで、Mk1しかもTANですw
で、ストックはPARAストックに変更して伸縮できる様にしています。
DSCN3584
重量が7kg程あり、バッテリーと弾で8kgぐらいにはなるかと思いますw
二脚は立てなくてもボックスマガジンで自立します。
ハンドルは固定式ですが、邪魔にはならないです。
G&Pと違い、アウターバレルをワンタッチで外せる・スタンダードM4マガジンが使えると言ったところです。
あまり使う場面は有りませんが、実銃に忠実なのは良いですよね。

DSCN3585
ボルトハンドルは稼働しますが特に意味はありませんw
ホップアップは、上部カバーを外して行うダイヤル式です。
最近のミニミは、マルイのパッキンが使える様にチャンバーが変更されています。
グリップ上部にあるのがセフティで、赤いリングが見えていたら、射撃可能状態です。
グリップは少し太めですが、違和感があるほどではありません。

DSCN3586
この辺りが個人的に無骨でかっこいいポイントw
実銃なら瞬時にバレル交換ができるのでしょうが、サバゲーでは、使う場面はないかな?

DSCN3587
シリアルナンバーが付いています。
一昔前のものは、良く溶接?部分がよく取れていたみたいですが、最近は改善されているみたいです。

DSCN3588
PARAストックを付けています。
ちなみにストック単品ではBKしかないとかw
ここも少しかっこいいポイントですw
DSCN3589
反対側です。
気が向けば、ダミーカートでも付けようかと思っています。
本来バッテリーはハンドガード下部に配置するのですが、ボックスマガジンまで引いてきて大型を入れています。
また、ハイサイクル化と、マイクロスイッチなので、保護の目的も含め、電子制御にしています。
ばらまき用で、秒間35発程度で、制圧・牽制に使います。
このミニミの最大の弱点である、脆いベアリング軸受けは、工業用のスチールシールド付きに交換しているので、たぶんなかなか壊れないと思う・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。