S&T G36Vハイカスタム

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
G36シリーズっていろいろ有りますよねw
その中でも私もほしい!と思っているのがVモデルです。
DSCN3728
G36系の分解は簡単で、マガジンとストック部分のピンを抜くとアッパーが外れます。
そのごピンとネジ一本でメカボックスがでるw
DSCN3729
メカボックスです。
至って普通と言いたいですが、トリガー前方が物ものしいですね。

DSCN3730
普通はダミーのトリガー前方のレバーを押し込むとピストンをリリースする仕組みになっています。
このシステムは素晴らしいw

DSCN3731
中身は至って普通です。。。良くもなく悪くもなく。
ただ、スイッチがマイクロスイッチなので、何らかの保護はしましょう。

DSCN3732
クリーニングして、レールの所は磨いていきます。
下が磨いている状態。上はそのままw
DSCN3733
ピストンとピストンレールの合いを確認しています。
ここがキツかったり引っかかりがあるとトラブルが起きるので必ずやります。

DSCN3734
12:1のギアを加工して合わせていきます。
18:1のスタンダードに比べ理論上は33%のレスポンスUPが望めます。ただし、正常に回せればw
DSCN3735
そしてハイレスポンスで一番重要な所、各パーツのタイミングです。
ギアがどの位置でピストンに接触して、タペットはどの段階で引き切るのか等を、想定するサイクル・レスポンスに合わせて加工調整していきます。
最近の電動ガンはどのメーカーも、タペットを100%引き切ってない物があるので、ノーマルだと良いのですが、ハイレスポンスになると給弾不良の原因になるので、注意します。

DSCN3736
何回か組み直してからの最終組立です。

DSCN3737
そして、問題なのが、このチャンバーw
なんか精度が・・・って臭いがしますw

DSCN3738
なので、ロネックスのCNCチャンバー・メープルリーフのモンスター・VFCの精密バレルを組み込みます。

DSCN3739
こんな感じw
うーん美しいwってか、組み込むとわかるのですが、ガタが非常に少なく、こいつ「できるw」っと思う感じです。
このG36Vは、少し長めですが、非常に扱い易く、かっこいいので、是非いつか私も欲しいと思っていますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。