金剛 MK12

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
今回は少し珍しい金剛をカスタムします。
このモデルはガンショッププラウダがBOLTにOEMで作ってもらっている物で、中身はBOLTですw
DSCN3740
金剛!が目立ちます。左下にひっそりとBOLTww
MK12は私は、VFCのGBBRを持っていますが、かっこよいw

DSCN3741
コルト刻印もしっかりと入っています。
グリップはA2グリップですね。

DSCN3743
BOLTの11.1v15cでこの辺りです。
11.1vでこの辺りなのは、上手くモーターかギア比でサイクルを調整しているのだと思います。
普通のBOLTでは7.4v仕様で11発/s程度なので、かなり使える物なのがわかります。

DSCN3745
この辺りは完全BOLTですね。

DSCN3746
バッファチューブなげぇぇぇぇぇぇw

DSCN3747
モーターはBOLT純正が入っていました。
2v電流でこの回転なので悪くはないです。

DSCN3748
続いてメカボックスです。
さっぱりとしたver2を使用しています。

DSCN3749
中身です。
基本的にはCOBRAシリーズの部品ですね。

DSCN3750
モリブデン系?のグリスがびっちりと付いていますので、クリーニングします。

DSCN3751
こんな感じでw
メカボックス自体はバリも少なく、剛性も普通以上はあると思います。
ただ、BOLTのリアルショックは激しいからwいつかは割れるかなwこれは仕方ない事ですがw

DSCN3752
まずは、軸受けを接着します。
抵抗もなくすっと入るので、少し多めに接着剤を付けておきます。

DSCN3753
つづいてピストンですが、このBOLTの削り出しのピストンはレールとのクリアランスがぴったりなのか、よく後退した状態で噛み込む場合が多々あります。
これはお互いが金属の為、熱膨張によるものなので、少し削って空きを作ります。

DSCN3754
私の想定では、サイクルは22発~23発ぐらいに押さえたいと思い、ギアを18:1にして、モーターをSLONG製のハイトルクをチョイスしました。
また、初速も若干調整して完成です。
また、メープルリーフのFETを付け、制御します。
結果としては、0.2gで初速96m/sサイクルは22発/sと予定通りですが、セミのキレが増しています。
私も金剛シリーズほしい・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。