ウマレックスG36 メカボックス

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
私のガンラックに眠っていたウマレックスのG36を放出する為に少し調整しようと思い分解してみました。
なぜ放出するかと言うと・・・SL8を買っちゃいましたwww
DSCN2088
ウマレックスのG36は、ストックが2種類付属しています。
少しお得感がありますね。ちなみに製造元はS&Tらしいですね。
DSCN2090
こちら側には、リアル刻印が彫り込まれております。
まあよく見る風景ですww

DSCN2081
まずは、お約束のクリーニングです。
ベヘルギアの軸受けのみベアリングが使用されています。
全体的に悪くはないと思います。
DSCN2082
シム調整中です。
スパーギアの面取りをしているので地金が出ていますw
セクターチップは、11.1v使用を想定しているので、開閉スピードを送らせる為に少し加工しています。

DSCN2083
タペットプレートも、加工します。
よく、ニッパーで切っているだけの物がありますが、あれでも良いかもしれませんが、一気に閉鎖してしまうと、少し跳ねるので、なめらかに戻るように加工します。

DSCN2084
全体的にこんな感じです。
こいつ、トリガーが固定できないww

DSCN2085
締めました。
このメカボックスは、疑似ブローバック付いているのですが、今回はオミットします。
まあすぐつくんですけどねw

DSCN2086
少し見慣れないものが付いていますが、これは、ピストンリリースです。
電子制御にしてプリコック仕様にするのも面白いかもです。
DSCN2087
完成です。
このUFCの赤いモーター目立つなぁぁ
あとSBDを付けて、パッキン交換で終了です。
ゲームでは1回しか使用しなかったですが、軽くて剛性が高いので使いやすいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。