BOLT COBRA BR47 カスタム

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
うちの隊員が欲しいと言う事で、入荷して、カスタムします。
CAのM134を3分ぐらいで撃ちきる人なので、大丈夫なのか?と思いながらやっていきますWW
DSCN2955
sr47は、現在は、イカさんと、BOLT位しかないかな。あとはハリケーンのコンバージョン
本来アメリカ軍の特殊部隊の要請により「中東の現地での弾薬補給がしやすい銃」をコンセプトに開発したのだが、結局、専用のクリーニング道具や知識等が必要で、「現地で銃調達するわw」って事で、7丁しか作られなかった一品w

DSCN2956
さて、BOLTはリアストックの場合超絶めんどくさいです。
ます、ストックチューブの配線を外すのですが、これがまた大変w
DSCN2957
リングの一カ所だけ少し隙間の大きいところがあるので、そこから配線をがんばって抜きます。
当然コネクターが引っかかって取れないので外しますが、チューブの中間地点で外してしまうと、戻せなくなるので、出来るだけコネクターに近い部分で外します。
これが意外と大変w
配線を抜いたら、あとはぐるぐる回してストックパイプを外します。
中にリアルショックシステムが入っているので結構おもい
DSCN2958
次に面倒なのは、マガジンリリースボタンです。
この部分にあるパーツを外さないと取れません。
舐めないようにがんばって外しましょう。この部品がないとマガジンが定位置で収まりませんw

DSCN2959
モーターは相変わらずの300Tです。
ハイトルクのミディアムタイプ・・・ミディアムです。
ハイスピードタイプの銃にも使われているので、まあまあかな。
個人的にはPDW系の短いグリップが嫌いなので、長いのにしたいところですw

DSCN2960
次にピン等を抜いていきます。
SR47は、チャンバーの構造上アッパーが外れないので、ロアレシーバーから外していきます。

DSCN2962
こんな感じで抜きます。
なんかいつも違うので違和感ありますね。

DSCN2963
メカボックスです。
無駄なものがないw

DSCN2964
チャージングハンドル一式を外します。
疑似ブローバックが組み込まれているので、慎重に外します。
DSCN2965
中身です。
BOLTにしたら、グリスが少し固着しています。
製造が古いのかな?

DSCN2966
ちと汚いw
軸受けも固定されていないです。

DSCN2967
綺麗にしながら、加工をします。
セクターにはディレイヤーを付けます。(保険の為)

DSCN2968
ピストンは、ふる金属のガッチガチが入っています。
リアルショックなので、セクターギアを落とせないので、ピストンの3枚目をカット、4枚目をハーフカットします。

DSCN2969
良いメカボはシム調整が楽w

DSCN2970
スプリングはノーマルで、0.6mmのガイドを付けます。
これで想定は94m~96m位なのですが、どうだろうか・・・

DSCN2971
メカボックスは予定どおり組みおえ、気軽にチャンバー引き出せないので、点検していたら、ホップが全く掛からない。また押しゴムないのかwと思い外してみると、押しゴムつぶれているよwなんだよwと思い、押しゴムを交換してもホップが掛からない・・・

DSCN2972
えっとBOLTさん。。ホップ窓が逆なんですがww
G&Gのモーター配線逆に付けてるぜっ!ぶりの残念組み込みww
これ普通のお客様に普通に送った場合、大クレームだよww
よくみるとバレルのBOLT刻印逆さだw
気付よw
まあ修正して、組み込みます。
あとホップアームをピンで固定しているのですが、メンテ製が悪いのでネジに交換しました。

DSCN2973
疑似ブローバックの組み込みです。
この半透明なパーツは普通のプラですので、すぐに破損しそうなんですよね。
DSCN2974
11.1Vで回したいと要望があったので、T型に変更して、ヨーロピアンコネクターで繋げます。

DSCN2975
完成!
なかなかハプニングがありましたが、なんとか無事完了です。
通常の電動ガンより1.7倍ぐらい時間かかったよw
このBOLTのリアルショックを味わったら、絶対マルイ次世代とかには戻れないwってぐらい強烈ですから、私も一丁ほしい・・・

DSCN2976
この転売抑制に付けているQRコードが近代式を表しているのですが、読み込んだことはないですw
たぶんBOLTのサイトにジャンプするのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。