ARES製 SOC-ARカスタム

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
今回は国内では10月末に発売される予定のARES製SOC-ARを先行してカスタムして行きたいと思います。
DSCN3956
このSOCは、以前発売されているSOC-SLRをアサルトライフル化したモデルです。
ドイツのOMR社が開発している最新式です。WA2000の後継としてオットー氏がデザインしています。
ビカニティーレールの開発者の一人として有名ですねw
全長は730mmで重量は4020gと通常の電動ガンより500g程度重い感じですが、ブルパップの為あまり重い感じはしません。SLRは6kgと重いですがww
で試射しようとしたのですが、動かない・・・・海外あるあるw

DSCN3957
反対側です。
チャージングハンドルを引くとホップ調整が可能になりロックもかかります。
グリップ内にはレーザー用の電池ケースがあります。
DSCN3958
トリガープルはきわめて軽く、引きしろもあまりありません。
トリガーの上に直接マイクロスイッチがあり、敏感です。私個人としては、握り込む方が好きなのですが・・・
トリガー上がセフティで、前方にあるのが、セレクターです。
左からセミ・2点バースト・フルオートとなります。
この下にレーザーのスイッチがありまずか、日本に入ってくる時点でオミットされています。
DSCN3959
バッテリーはフロント上部のネジを一本外すと、前方へスライドして外れます。
ウナギ型のバッテリーが収納できますが、少し余裕があるので、スティック型でも入るかもしれませんね。

DSCN3960
動作不良の原因発見
基板のテフロン線が傷ついていますが、断線はしていません。
上にあるセンサー線が2本外れています。久しぶりにルーペーを使ってのハンダ付けw

DSCN3961
基板は修理したので、メカボックスに行きます。
完全オリジナルw
8mmの軸受けが着いており、ベヘルギアのみベアリング仕様ですね。
セクターギアの軸受けの左に磁気センサーを読むための穴が空いています。

DSCN3962
中身ですが、・・・相変わらずのARESですww
グリスだらけwwARESは電子システムは一流なんですが、チャンバーとメカボの組み込みが二流ww

DSCN3963
とりあえず、12:1のハイスピードギアを加工して入れますが、モーターホルダーの部分が干渉しますので、削ります。

DSCN3964
すり合わせ等の調整中・・・

DSCN3965
チャンバーは樹脂製のダイヤル式に変更して、メープルリーフのパッキンとVFCのバレルで構成します。
ただ、ARESのM4系の純正エアノズルは若干短いのでチャンバーを変える場合は交換必須

DSCN3966
ダイヤル部分が接触するので角を落とします。
これをしとかないと弾詰まりの原因になります。

DSCN3967
仮組して試射します。
加速シリンダーをかなり前方型にしたのが少し不安ですが、とりあえず試射します。
試射の結果・・・加速シリンダーのエア容量不足により初速が上がらない。モーターのピニオンがデカくて少し違和感ある。。。

DSCN3968
っと言う訳で、ピニオンギアをSHSのスチール製に交換します。
加速シリンダーは75%程度に変更

DSCN3969
でこんな感じになりました。
設定はハーフプリコック仕様なので、セミはキレッキレですw
サイクルは勝手に着いてくるwまあおまけの様なものですね。制圧射撃以外あまりフル使わないからね~

DSCN3970
はい、完成です。
最初動かない時は、基板が逝っていたらどうしようとか思ったですが、動いて良かったw
DSCN3971
ちなみに純正のマガジンはぐらつきが激しいので給弾不良たまに起こします。。。。純正なのにww
マガジン挿入口は意外と広いのでPMAG系も入る物があるかと思います。
DSCN3972
で私は、身長が170cmとあまり高くないので、2点式のスリングが好みなのですが、こいつ1点しかスイベルポイントないww
さてどうしたもんかw
ブルパップって、いきなり使うと大体弾が想定より上に飛んでいくのですが、F2000やこのSOCはしっかりと狙った所に飛んでいきます。
私の主力ARになると思います。
10月7日の交流戦でデビュー予定です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。