G&G F2000 初期不良 マガジンキャッチ

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
またまたG&GのF2000の初期不良です。
内容はマガジンが掛からない・セレクターが固すぎるとの事、メーカーに送ろうかと思ったのですが、有償・・
セレクターが硬いのは仕様なのですが、マガジンが掛からないのは確認したら、マガジンキャッチのパーツにスプリングが付いておらず、戻ってこない・・・さすがにこれはお客様の故意や使い方で無くなるパーツでは無いような気がするのですがww
DSCN4289
F2000のレシーバーは今も昔も真ん中分割方式w
だからマガジンキャッチを分解するのにも全てバラす必要がありますw
まずは、このホップ調整の蓋を外します。
真ん中でピンがあるだけ

DSCN4290
メカボックスを外して、フロント周りを外し、挟み込んでいるネジを全て外します。。。
昔と違うのはトリガーが電子制御化されている所ですねw
マガジンキャッチレバーはネジ2本で止まっていますので外します。
その前に、マガジンリリースボタンの上に入っているスプリングが飛びそうなので抜いときましょうw

DSCN4291
セレクターの所は、セレクター自体の下を少し削ってシリコンをふいておきます。
トリガーも戻ってこない個体があるので、トリガー周りにもシリコンをw

DSCN4292
このスプリングが欠損していました。
手持ちのスプリングでほどよいテンションの物を少しカットして入れます。
たったこれだけなのですが、作業量としては結構大変ww
DSCN4293
これで完了です。
これを故意や使用していて無くなるのはもう、使い方の問題ではなく、欠陥品だと思うのですがねw
個人的には、このメーカーは以前L85のモーター配線が逆に付いていた事があるので、この程度では驚きませんww

“G&G F2000 初期不良 マガジンキャッチ” への 1 件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    そこのスプリングはおさえてある金属パーツのほうに止めが無いので、マグチェンジしてるだけでスプリングがずれてはずれますよ。
    金属パーツの方を加工しといたほうがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。