STAR製 L85A2カービンカスタム

こんにちは、香川県のエアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
DSCN0213_R
本日は、STAR製のL85A2カービンです!!
実銃はいろいろいろいろな試練があり(個人的にはファイヤリングピンが折れるのがうける!)A2として、まあそこそこまともになった銃です。
SASなんかは、さっさと放り出して、他の銃を使っている状態でしたww
しかし、A2になり、問題もクリアされ、一躍日の目をみるかもです。近代で銃剣突撃をして成功したのも有名ですよね。ブルパップ不利なのにww
基本的には、プルバップ方式なので、全長を短く、バレルを長くが特徴ですね。フレームは近代銃なのにプレス加工ってのがまた面白い!
電動ガンもスチールのプレス加工具合をうまく出しておりますね。
もった感じは、見た目より小さく感じて、取り回しも良いです。

DSCN0215_R
それでは、ばらしていきます。
まずは、ストック後ろのネジ2本を外します。

DSCN0216_R

DSCN0217_R
次に、ストックと、マガジンリリースボタンにあるピンを抜きます。

DSCN0218_R
フロントトップにある、スリングがついているネジを外します。

DSCN0221_R
対面にある4本のネジを外します。
なんかぼけてますね。。。

DSCN0222_R
するとアッパーフレームがはずれます。スチールなので、少し硬いかもです。

DSCN0223_R
ストック裏のネジを外します。

DSCN0224_R
ぼけてますが、フレームとメカボを繋いでいるネジを外します。
十時とかきってないので、手で回す等してください。

DSCN0226_R
アウターバレルを押さえている所を外します。

DSCN0227_R
アウターバレルを前方へ引くと抜けます。

DSCN0228_R
メカボックスを少し上に持ち上げて、トリガーと連結している所を外します。

DSCN0229_R
後ろからスプリングを抜きましょう。

DSCN0230_R
セレクターの部品が落ちるので、外します。
この位置覚えておいてくださいね。
切れ目が上方向に向くようにします。

DSCN0231_R
メカボボックスを開けました。
やたらとネジが多いですね。強化プラスチックのメカボックス!!
利点はなんだろ?軽い??
モーターは刻印無しの怪しい系。
ギアはよく見る奴ですね18:1
軸受けはメタルの6mm
スイッチが、マイクロ化されていますね。

DSCN0232_R
洗浄するために、部品を外していきます。
プラスチック!!!

DSCN0233_R
FETとテフロン線にするので、加工します。

DSCN0235_R
メニューは
・シリンダー交換
・ピストン交換(スチール14枚)
・ピストンヘッド
・13:1強化ギア セクターカット
・G&PM120モーター
・FET
・テフロン線
等、ほぼフルチューンですよねww
ほぼパーツ互換あるのですが、注意が何点か!
シム調整
難しいですね。プラだからか?ネジの締め具合がリニアに影響します。
強化ピストン
純正のピストンは若干短く歯の当たりもスリム化されています。
ですから、通常の強化ピストンを入れると歯の当たりが、メカボックスに干渉しますので、ピストン・メカボックス共に
削って調整します。

DSCN0236_R
FETは、ハンドガートに余裕があるので、ヒートシンク付で内蔵します。

DSCN0238_R
で、くみ上げて完成!
7.4v1400mAで、弾速90m/s前後 連射速度22発/sと、いい感じで組めました。
M4系のマガジンが使えるのが非常に良いですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。