S&T ARX160 STD3カスタム

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
最近ずっと在庫剪らしておりました、ARX160を少量、しかもCBカラーを仕入ましたので、STD3カスタムをしたいと思います。

DSCN2531
私は、BKを持っているのですが、こっちでも良かったなw
レールは4面で、アウターバレルを、レバーで脱着できる優れものw

DSCN2532
アッパーレシーバ・ロアレシーバー・ストックに分かれており、バッテリーはストックインです。
セクレターはアンビ化されており、ボルトロック機能も付いています。
チャージングハンドルも左右に交換可能。
しかし、なぜかあまり人気が無いようですww
私は良いとおもうんですけどねぇぇえ。やっぱり形でしょうか。

DSCN2533
ベレッタ社が製作しているライフルで、独特の形をしております。
マガジンは、M4系スタンダードマガジンが利用可能で、これは実銃も同じ。
DSCN2534
このレバーを下に引くと、アウターバレル一式が外れます。
便利ですが、入れるのに少しコツがいるw

DSCN2535
ストックを折りたたんだ所です。
配線は、隠れて見えないようになっています。

DSCN2536
蓋を取るとQDスプリングにアクセスでき、スプリング交換が容易に行えます。
そして、下のボタンを押すと、ロアレシーバーが外れるのですが、先に、配線のピンを外しておきましょう。

DSCN2537
こんな感じです。
次に、トリガー斜め上のピンを外すと、メカボックスが外れます。
なんと言うモジュール化ww

DSCN2538
メカボックスは、ver3の派生ですね。
ベヘルギアにベアリング軸受けが着いているのが確認できます。

DSCN2539
中身は外して、クリーニングです。
それほど、バリ等はありませんでした。

DSCN2540
ピストンのすり合わせ中。
結構これで、ピストンがスムーズに動かない場合がありますので、必ずやりましょうww

DSCN2541
仮組みの段階です。
ギアは、刻印はありませんが、なかなか品質が良さそうですね。
ただ、使ったシムの量がすごいw

DSCN2542
続いて、バレルです。
この辺りが全てプラスチックなのが気にはなりますが、バラしていきます。

DSCN2544
インナー長は410mmと美味しい長さですw
パッキンも特に問題ないので、そのまま戻します。

DSCN2545
バッテリーは、ミニSよりも太い奴がはいるので、幅が広がります。

DSCN2546
あまり人気の無い銃ですが、個人的にはお気に入りの一つなので、カスタム品として置いておきますww
STD3カスタムは、11.1vで使えるカスタムで、おおよそ
初速 0.2gで、92~96m/s
連射速度 7.4v 18~21発/s 11.1v 26~29発/s

11.1vで使用する一番の恩恵は、連射速度ではなく、トリガーレスポンスです。
トリガーを引いてからBB弾が発射されるまでの、タイムラグが少ないので、動いている標的に当てやすいメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。