KingArms SIG556  カスタム

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
今回は少しマニアックなkingArms生のSIG556ショーティーをカスタムします。
SIG556は、通常のSIGにM4マガジン・クレーンストックを付けて、アメリカ向けにしたライフルなのですが、ファンからは、不評だったかわいそうな奴ですw
私個人的にはいろいろと利にかなっていて好きなのですがね。

DSCN2860
はいSIGです。
なんとなくSIGですww

DSCN2861
セレクターはアンビのSIGそのもの。
チャージングハンドルもSIG!やっぱりSIGなくですねw
ガスでSIGが出たら、フルストロークするのかな
少し違和感ありますが、なかなか良いデザインだとおもうのですがね。

DSCN2863
分解方法は、SIGと同じで、ハンドガードしたのピンを抜いて、下側にあるネジを外すとアッパーが外れます。
DSCN2864
見えにくいですが、ここに2本あります。

DSCN2865
やたら長いエアノズル。
しかも金属製w

DSCN2866
セレクター後方の左右のネジを外します。

DSCN2867
続いて、セレクターを外します。
イモネジで側が外れますので、あとはこのパーツをバスします。
左側には、ボアリングが入っていますので、なくさないように。
DSCN2868
グリップを外すと、ロアレシーバと、ストックの結合部分が外れます。

DSCN2869
メカボックスはこんな感じ。
アンビセレクターなので、ギア位置がわかるように印があります。
DSCN2870
反対側です。
いちいちパーツにSIGの刻印がww

DSCN2871
中身です。
割と綺麗な部類に入るかと思います。
使っているパーツもエアノズル以外は標準的です。

DSCN2872
まずは、バリ取りとクリーニング。
ver3メカボで、このトリガーが自立しているのは非常にありがたいです。
ここがぐらぐらだと、腕が1本余分に必要ですからw
軸受けはベアリング軸受けが使われています。
耐久的にはあまりよくないですが、レスポンスは非常に向上します。
DSCN2873
今回のカスタムは、7.4vリポで、秒間26発前後のハイレスポス仕様にします。
ギアは12:1を加工して調整します。
ハイレスポンス仕様の場合一番のポイントは、このタペット・ギア・ピストンの動きにあります。
ギアの回転速度を軸にセッティングをしていきます。

DSCN2874
仮組段階です。
ver3の場合はメカボックス単体で駆動テストできるので、ありがたいですね。

DSCN2875
モーター側のコネクターもネジ固定式にします。
結構ピンの場合、セミを多様することで、抜けることがありますので、外れないようにします。
DSCN2876
モーターはM120を使用します。
コスパから良いのと、当たり外れはが少ないです。
ロングをカットして、ミドルサイズに加工しています。
このミドルサイズのモーター規格はやっかいですねw

DSCN2878
次に疑似ブローバックを外します。
写真にある突起で、ピストンに引っかけているのですが、邪魔なのでカットします。
DSCN2879
こんな感じにカットです。
カシャカシャ言うのは面白いのですが、ピストンに負荷を掛けるのが嫌なので、ある程度のカスタムの場合は、有無を言わさずオミットします。

DSCN2880
チャンバーです。
独特ですね。M4系のチャンバーに追加で延長しています。
ですから、チャンバー交換も可能だとは思いますが、今回は、バレルの調整とパッキンの交換のみにします。

DSCN2881
インナーバレルも変な曲がりやバリはありませんでした。
以上で、まあまあカスタムはおわりなのですが、試射で、0.2gBB弾 7.4vリポで、初速92m/s サイクル26発/s程度と狙った当たりにいっています。
M4を使っている人には、簡単に扱える一品だと思うので、気分転換的に使ってみてはw
私は、カービンモデルが入ってきたら欲しいと思っていますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。