東京マルイ MP7 後期型カスタム

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
今回は、久しぶりのマイクロ電動ガンのカスタムです。
依頼内容は非常にざっくり「よくしてください!」・・・・・
DSCN2894
TANカラータグ付きw
かっこいいけど、やっぱり少し小さい感じがする。

DSCN2895
まずは、TOPレールのネジを外していきます。
真ん中に一個ダミーがあるので気をつけて。

DSCN2897
すると管ヒューズが出てくるので、その後方にあるスプリングを外します。
これで、チャージングハンドルが抜けます。
それて、配線を抜いておきます。
DSCN2898
つぎに、ストックの付け根部分のネジを外して、ぬきます。

DSCN2899
するとストック周りがごっそり外れ、メカボックスが見えます。
このメカボックスの下にある台座と銀色のプレートをラジオペンチ等で抜きます。

DSCN2900
あとは、メカボックスを引き抜くと簡単に出てきます。
小さいですね。
DSCN2901
まずは、ばらして洗浄です。
軸受けはメタルに変更するので外しておきましょう。
モーターの替えが無いのでこのままですが、どっか出さないかな?
DSCN2902
ギアをスチールに変更しようかと思ったのですが、普通の電動ガンより品質良いので今回は洗浄と一部分加工して組み込みます。
シム調整が非常にシビアって言うか何枚も入らないので、各ギア左右どちらか一枚ぐらいで合わせて行きます。

DSCN2903
タペットプレートのスプリングが飛び出さないようにきを付けましょう。

DSCN2904
シリンダーヘッドの部分は、前期に比べてシリンダートップを少し丸めるような加工をして気密を取ろうとしています。
でも漏れてますがww
ピストンは強化を入れたかったのですが、在庫無かったのでノーマルを加工して組み込み、スプリングはM90を組み込み増す。
DSCN2905
エアノズルとタペットの連結は、メカボックスを閉じてからでも出来るので、後にして大丈夫。

DSCN2906
次にバレルを交換します。
このネジを外すと前方にチャンバーパーツが抜けます。
DSCN2907
今回のバレルはライラクの6.03mmをチョイス。
6.00mmと悩んだのですが、ライラクにしました。あまりライラクのパーツが好きではないのですが、なんとなくですw
DSCN2908
次に、トリガーユニットを外しますので、セレクターのピンを外します。
なくさないように!

DSCN2909
反対側のリリースレバーのピンも外します。
DSCN2910
反対側にバネが入っているのでこの形状を覚えとくように。
DSCN2911
トリガーピンを外して、トリガーを外します。
すこしコツがいりますが、斜め前に押し込んでトリガーを前に倒す感じで外します。

DSCN2912
トリガーユニットが出てきました。
前方を1cm位削って900mA/hのリポが入るようにしようかと思いましたが、結構手間掛かりそうなので、今回はキャンセル。
DSCN2913
本目的は、配線の直付けです。
7.4vリポの560mAを使う予定なのですが、変換はロスが大きいので、手間ですが、ユニットに直接接続が良い感じです。
あとは、逆の手順で戻して、完了です。
初速は0.2gで94m/sとなかなか高く、連射速度も15発/s前後出ているので、かなり良い感じになりました。
そもそも後期の方がスペックが良いのか良い結果が得られますね。

ちなみに前期の場合は、6mmバレルを使って90m/s超えるかなって感じで、連射速度の13発前後なので、細かいところで改善されているのか、たまたま当たりなのかは不明ですが、この位のスペックなら十分ゲームに使用できると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。