E&C M16A4(M203付き)カスタム

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
今回は今となっては少し珍しい、M203専用のハンドガード付きのM16A3をカスタムします。
一昔前は、結構当たり前で、203を買えば専用ハンドガードも付いてきたのですが、最近では、レイル化されており、通常のハンドガードに装着できるのであまり見なくなりましたね。
DSCN3662
かっこよいw
A4の特徴としては、脱着式のキャリングハンドルや刻印となります。前期モデルはコルトですが、後期もでるはFNとなっております。
A2はキャリングハンドルは固定式、A3はコルト刻印となっております。

DSCN3664
コルト・・・倒産したのが残念ですね。まあディフェンスの方で、民間向けの方ではないですが。。
やはり、M4が米軍で売れなくなったのと、1911の版権が切れたのが原因ですかね。。

DSCN3665
特徴のあるハンドガードです。
少し古い映画等には良くでており、放熱用の穴がすごく特徴的です。
203はレシーバー等は金属で、ハンドガード部分は樹脂です。

DSCN3666
この状態で製造メーカーわかっちゃいましたw
アローダイナミックス製ですねww

DSCN3667
所々わざとなのかピンの抜く向きが逆になっているのでご注意をww

DSCN3668
E&Cの刻印がありますが、アロー系の臭いがすごくしますw
8mmのベアリング軸受けや、テフロン線?など結構豪華装備ですね。

DSCN3669
中身です。
ほどよく綺麗な部類かとw
トリガー・逆転防止ラッチ・タペットが独立して収まっているのは素晴らしいw

DSCN3670
ハイカスタムなので12:1のギアを加工して組みます。
スパーギアの表面と、ギアの角落としは結構粗く削っているのですが、これは遠心力でグリスが飛ぶのを軽減しています。
よく、鏡面仕上げ等している物をみますが、摩擦が少ないとすぐグリスは飛びます。
セクターギアのギアカットも特に綺麗な処理はしておりません。
元々正常円運動はしないので、能力に差が出ないためです。この辺りで無駄な費用を削っていますww

DSCN3671
モーターは慣らしをしたG&P M120の定番です。
最近はSLONG製のハイトルクモーターもお気に入りになっており、メニューに組み込もうかと考えています。
G&Pの良い所は、ピンを簡単にネジ式に変更できる所です。
電気トラブルで常に上位にあるのが、セミを多様した時のモーターピン外れです。
元々海外製の平型ピンは柔らかいので抜けやすいです。

DSCN3672
組み込んでいきます。
ver2のこの部分に窓が出来た理由は、テイクダウンさせる為のアッパーレシーバーのピンルート確保の為なんですよねw

DSCN3673
最終的にこんな感じです。
サイクルは特に問題ではなく、トリガーレスポンスを重視すると勝手にサイクルは上がりますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。