BELL製 M4CQB

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
ここ最近BELL製の長物が日本に頻繁に入ってきていますね。
所見ですが、カスタムのベースとしては安いので最適かと思っています。
そして今回はM4CQBを見ていきたいと思います。
DSCN4267
BELLは簡素な梱包でコストを抑えているモデルが多いです。
見た目は一般的に言うCQB-Rですね。

DSCN4268
カメラがぼろくてぶれていますが、レーザー刻印されています。

DSCN4271
トップレール等には番号が振られており、値段の割にチープな感じはしません。

DSCN4272
ストックにはQDポイントが付いています。
この長さだとワンポイントでも十分ですね。

DSCN4274
ノーマルスペックです。
まあ普通ですね。
箱出しでも使えない事は無いかと思います。

DSCN4275
ピンはネジで固定されているので、抜ける心配はありません。
アルミレシーバですので、軽いです。3kg切っているので扱いやすいですね。
DSCN4276
モーターです・・・bodyはA&Kに似ていますが、ガイドが金・・・見たことないですね。

DSCN4277
回転数はまあ机モーターレベルw

DSCN4278
メカボックスですが、少し古いver2モデルですが、アンビ用の穴や、ボルトストップの機構がつけれる所があります。
軸受けはベアリングの6mmを使っています。

DSCN4279
中身ですが、汚いw
CYMAやA&Kよりかはマシかw
DSCN4280
ギアなのですが、最初はA&K系かと思ったのですが、スパーギアは初めてみるギアですね。
あとベヘルギアがなんか歪んでいるような・・・
DSCN4281
とりあえずいつもの様にクリーニングします。

DSCN4282
仕様としては、ピストンとヘッドのみ交換して、ギアは加工調整で済ませます。
予定としては、M120モーターで7.4vで18~19発狙いでしょうかw
また11.1vも使える様にしておきます。
銃身が短いので、あまり初速は上げる事は考えず、ピスクラを軽減できるぐらいのテンションを掛けます。
DSCN4283
何回か調整為ながら詰めていき、最終的にこんな感じです。
白いのはスプリングガイドですね。
ピストンガイドにベアリングが付いていますので、そのベアリングと同じ太さにして、干渉しないようにしております。
DSCN4284
反対側です。
一応加速シリンダーw
DSCN4285
続きまして、チャンバーへいきます。
インナーバレル長は約290mm
パッキンは交換します。

これで完成です。
7.4vでサイクルは19発前後、0.2gで初速92/ms前後と良い感じになりました。
このCQBは以前当フィールドのタクトレで、元フランス外人部隊REPの結城さんが使っていたので、なんとなく印象深く、仕入れて見ましたw
基本的に私は長いのが好きなのですが、たまには短いのも良いかもww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。