CYMA SVDドラグノフ ロングレンジカスタム ver3

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
かなり前からやってみたかったSVDの11.1v運用化を今回はしていきたいと思います。
DSCN4351
はいもうメカボックスは取り出しております。
横長い専用のメカボックスで、リアルソードコピーになります。

DSCN4352
中身です。ここがリアルソードと一番違う所ですかね。
もう見慣れましたが、初めて見る人はどん引き間違いなし!
ギアは通常の3つではなく4つで動かしているので必然的にレスポンスが悪く作動音もうるさくなります。
ノーマルは本当に酷いw
ちなみに4個ギアがあるので、電極は逆に付けないとダメですよww

DSCN4353
とりあえず配線をテフロン線に変えます。
変えなくても良いかもしれませんが最初なので変えますw

DSCN4354
メカボ内はクリーニングして、軸受けを接着していきます。
別に塗装しなくても良いと思うのですが、なんでするんだろ?しかも雑にww
DSCN4355
ピストンはロングピストンの片歯なので、通常の片歯ピストンにガイドを付けて延長します。
このときにレールに接触しないか等を検証しながら合わせていきます。
セクターギアは19枚なので、4枚飛ばして15枚とします。
もう少し飛ばしても良いのですが、せっかくのロングシリンダーなので、弱いスプリングでゆっくり加速させたいからこれぐらいにします。

DSCN4357
全体のパーツの加工が終わったので、シム調整です。
表も裏も0.3mmが余裕で入るのはSVDのみww

DSCN4358
注意点なのですが、スパーとセクターは出来るだけ同じ高さに合わせます。
理由は横並びなので、タペットプレートがスパーまで下がってきますので、スパーが高いと接触、低いとシムに接触する可能性があります。

DSCN4359
モーターは安定のM120です。
M100スプリング迄を引くのであれば、良いモーターです。
ただ昔は確か定価が3800円位だったのに今は4800円・・・値段上げすぎだろw
只今慣らし中・・・・2vで約20分ぐらい回します。
DSCN4360
モーター交換します。
・・・・これ新品だからねw大切なのでもう一度、これ新品のSVDだからww

DSCN4361
はい。完成。
まあここから何回か調整していくのですが・・・
DSCN4386
基板はダーティワークス PicoAABを選択します。
まあFETとアクティブブレーキが欲しいだけなのでww
これで、11.1vのキレがあるドラグノフが完成しましたw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。