CO2マガジンをG17 SAIに使ってみた。

こんにちは、香川県のエアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
今回は、ドラゴンフライ用のCO2マガジンのテストです。
手持ちのHogwards 製のSAIで試してみます。
※いろいろいろいろと、トラブルの元になるので、まねしないようにねww

dscn0484_r
まずは、選手の紹介です。
Hogwards 製 G17 SAI
グロックをベースにかっこよくしているモデルと言えばわかりやすいw
ゴールドパーツが目立つかっいいやつです。
左がドラゴンフライ用 右が純正ですね。

まず、ドラゴンフライ用マガジンにCO2カートリッジを入れます。

dscn0486_r
ここのつまみを下げると、マガジンの台座が後方へスライドして外れます。

dscn0488_r
で、コイン等で、このキャップを外します。
ちなみに、外側がマガジンとの接続で、内側の部分がカートリッジに穴を開けるピンの高さを変更できます。

dscn0490_r
で、ボンベの先端が下になるようにして入れます。
※逆にいれるとぶっ壊れます。
CO2カートリッジは、バドン製でもマルシン製でもOKですね。
で締め込むと「シュー」という音がして、完了です。
ちなみにガスが漏れる場合は、水道用のパッキンで止めることができます。
※真ん中のピンを上下する奴は、たぶん理想はカートリッジに穴を開けた後は、ピンを下げてガス放出口を確保するのが良いのかと。。

dscn0492_r
まずは、普通のガスマガジン!
エアコンを効かした、気温28度程度ですが、少し低い?イヤ妥当が。。。。

dscn0495_r
続いて、CO2カートリッジです。
電動ガン並になりまたねwww
すげぇ。しかもブローバックがすごいことになってます。

ってな感じで、グロック系な合う奴もあると言うことです。
しかし、他の手持ちのグロック系に差したりしてみましたが、少しキツかったり、ストライカーを削る必要があったりと、基本的には加工が必要なものもあります。
また、強化パーツで無い限り、ブローバックで、チャンバーやスライドがぶっ壊れる感もありますねww
なにもかも、自己責任になるので、こういったことをするときは、お気をつけてww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。