JG製 フルメタルSIG551カスタム

こんにちは、香川県のエアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
SIG!!いい響きです!
いつかどこかでSIG!って思ってまして、どこのメーカーを仕入しようかなぁぁって考えてたら、候補としては、ICS・G&G・JG位なんですよね。
えっ?マルイ? カスタム前提なので無いですwww
で、昔はひどかったけど、今は良くなったと風の噂で聞く、JGからフルメタルバージョンがあるので、入れてみました。
551と552です。なぜ550を入れないかと言うと、私が自分で買ってしまいそうだからですww
さて、SIGと言えば、スイスです!スイスと言えば、そう!永世中立国です!すごいですね~国民皆兵をモットーに成り立っています。
昔は、家庭で銃器を管理していたのですが、事故防止の為に、今は最寄りの郵便局等で管理されていますww
このSIGのすごいところは、超寒い所でも性能を落とさずに射撃ができ、山が多いので、山岳間での撃ち合いを想定して、400m級の距離でもパスパス当たるとかww
5.56mmでは最上級の精度ですね。

SIG551
はい、いきなりSIG551です。
外装はすばらしいです。剛性感あるメタルフレームに、必要な部分にレイルを装備し、グリップは握りやすい。
まずは、ハンドガードの付け根のピンを外します。
つぎに、マガジンの給弾口部分と、ハンドガードの付け根にあるネジを外します。
そして、ストックを折りたたんだ所にあるネジを外すとアッパーフレームが外れます。

SIG551
こんな感じです。
フライングで、セレクター後方のネジを左右外しています。
フロント配線なのに、簡単に外せるのは良いですね。
SIG551
グリップの底のネジを外すと、グリップが外れ、ついでにストックも外れます。
セレクターはアンビタイプなので、両方外す必要があり、写真の六角をはずします。

SIG551
するとセレクター本体が出てくるので、ネジを外して取ります。
このときベアリングがあるので落とさないように。

SIG551

dscn0702
メカボックスは変則的なver3ですね。
セレクターギアの位置に合わせ印があるのは親切ですねw
SIG551

周りを外すとやっぱりVer3ww
シリンダーの窓がなんか変w

SIG551
中身です。
・・・・緑ではないが、なんだこのグリスww
まずは、クリーニングだなww

SIG551
こういう所の刻印っているのか!ww

SIG551
エアノズルの長さは22.6mmか・・・ん? ・・・穴あいてやがる。。。なかなかやっつけな弾速調整ww
昔の中華はほとんどこれだったなぁぁぁ
さてさて、クリーニングして、以下のカスタムを実施
・12:1強化ギア 加工仕上げ
・シム調整
・全歯フルスチールピストン
・後方給気ピストンヘッド
・Oリング入エアノズル
・気密調整加工
・ヒートシンク付きFET
・200v耐圧テフロン線交換
・バレル交換
・長掛けパッキン
上記を調整しながら組み込み。

今回は、11.1vで無理矢理純正モーターを回して楽しもうって感じで仕上げてみました。
弾速92m/s前後 連射性能 29発前後 です。
まあモーターがあれだからこんなもんか・・・
SIG551
なんとなく嬉しいのが、スコープマウントが標準で付いています!
これは助かるw

商品はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。