E&L RD702 DX カスタム

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
本日は、E&LのRD702のカスタムです。
要は、近代改修されたAKですww
DXなので、カスタム不必要かとお思いの方もいるかと思いますが、E&Lは外装は一級ですが、内部は残念な仕様が多いです。
dscn0885
dscn0892

dscn0893
分解方法は同じなので、てきぱき分解します。
ちなみにAKはセレクターのネジをプライヤー等を使用して外すので必ずと言って良いぐらいキズが入ります。
メカボックスは少し粉っぽい感じがします。
軸受けがボールベアリングですね。
dscn0897
モーターにメーカーシールを貼っているので、モーターの回転も計ってみます。
5500回転・・・マルイのEG1000よりも遅く、机モーターよりかは早い程度ですね。

dscn0898
メカボックス内です!
めちゃくちゃ汚いですww
dscn0900
洗浄して、バリ取りをします。
カットオフレバーが付いていますが、実は合いが悪くて、正常にカットオフが下りないので、加工して調整中です。

dscn0901
ピストンやヘッド、ギアなども交換です。
シリンダーは・・なんとか使えそうなので、気密加工をしてそのまま使います。
結構笑えたのが、配線です。一見テフロン系の高電圧対応に見えますが、11.1vを流したところめちゃくちゃ発熱しましたww
ですから、交換ですww

dscn0902
仮組中。。。。メカボックスの精度はなかなか良いですね。

dscn0903
こちらは、モーターの慣らしです。
2vで約20分ぐらい負荷を掛けずに回します。
dscn0904
全体組み込みです。
メカボックスこれでも、洗浄済みw
dscn0905

dscn0906

dscn0907
AKはリアルウッドも良いですが、こういった近代改修モデルもいいですね。
なんか無骨な感じです。

今回は、耐久性を考慮したハイチューンなので、11.1v使用での36前後にしています。
定期的にメンテが出来るのであれば、40オーバーでも良いのですが、ノーメンテでもOKならこのあたりが使いやすいかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。