ICS製 ガリル カスタム

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
今回は、少しマニアックなICS製のガリルをカスタムします。
DSCN1213
もうバラし方は、AKと同じ方法で、AKより簡単なので省きます。
基本的にAK系は、フロント周りを外さないといけないのが手間なのですが、ガリルの場合は、アウターのチューブが簡単に外れるので、フロント周りを外すのはすごく簡単ですね。
さて、メカボックスなのですが、塗装されています。。。なので、無駄に厚みがある所や、バリがあるとこを研磨していきます。
写真の配線はテフロン系に見えますが、11.1vを使用すると発熱しますので、ハイサイクルを作るのであれば、配線は交換必須ですね。
今回はハイサイクルではないので、このまま使用します。

DSCN1216
少し打撃音を出す為に、ピストン系はフル金属製にして、重量アップです。
重量が増すことで打撃音とレスポンスを稼げます。
シリンダーは、バレル長に合わせて変更し、シリンダーヘッドは、シリンダーからのエア漏れは無かったのですが、エアノズルからのエア漏れがあったので、交換。

DSCN1217
シム調整等しながら仮組をしていきます。
最近の海外製は、いろいろと良くなってきているのですが、タペットプレートだけは、悪くなってる感じがしますww
動きがキツかったり、フルオートにすると強度不足で、歪んだりするものもありますので、以外と注意が必要です。

DSCN1219
次にチャンバーです。
この写真は加工済みですが、ノーマルではインナーバレルはアルミが使用されていますので、スチールに交換します。
チャンバーと相性の良いパッキンを選択して取付、押しゴムは少し加工します。

DSCN1220
ほぼ見られないのに、刻印がww主張してますねww

DSCN1221

DSCN1222
加工が終われば組み込みして、試射します。
ちなみにダストカバーは現在取り寄せ中w
このICSガリルは、セレクターが従来のAKと同じ位置と、グリップ左側にも付いており、実際にそれが連動して使えるのでリアルです。
また、栓抜き・ワイヤーカッターも装備されているので、キャンプのお供に最適ですwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。