G&G Fire Hawkメカボックス

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
一時期、G&Gから発売されたフルオートオンリーの電動ガンで初速が100越えのが多々発生したのを覚えていますか?
その時に有名になった電動ガンの修理が入ってきました。
DSCN3565
メカボックスは相変わらずのネジ位置逆w
ん???スパーとセクターの軸受けの径がwwでかっw
DSCN3566
撃てない原因ですが、ベヘルギアのピニオン部分が大破⇒それに伴いスパーギアが歪む
って感じになっていました。

スパーの歪みが先で、ギアロックを起こして、ピニオンをやったのかも知れませんが、まあハイサイクルにはつきものなトラブルですね。
オーナーからはついでにSHSのハイスピードモーターを付けて欲しいと言われ・・・DSGと11.1vのコラボだと電動給弾のマガジンを用意しないといけなくなるので、
まず、12:1のギアに変更する事にしました。
あと、たぶん引きっぱなしなので、軸受けもベアリング使わずw

DSCN3567
これが噂のセラミック軸受け・・・なんの効果があるのだろうか?
ベアリングの様に抵抗が少ない訳ではなく、ただ強度UPのみなのか・・・ってかこんなデカい軸のギアがないwww
で9mmのメタル軸受けに交換したのだけど、軸受けの穴の径が少し小さいのかそのままでは入らないので、加工する始末w
フルオートオンリーなので、余分なパーツが付いてないのは良いんだけど、よくわからないパーツは簡便してほしいw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。