東京マルイ SIG552 修理

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
今回は東京マルイのSIG552になります。動作せず修理依頼となります。
DSCN3994
東京マルイのSIGは少し古い規格なのですが、アンビセレクター仕様となっており当時は非常に珍しい物でした。
この552は特殊部隊用に短くしたもので、スイスの民間時はみんな550を背中に担いでマックとかに居ますw

DSCN3995
少し分解が特殊で、パーツとしてはアッパーレシーバー・ロアレシーバー・バックレシーバーと3つに分けられます。
メカボックスはver3タイプですが、見ての通りモーターは固定ではなく、ミドルサイズを使う少しやっかいな奴ですw

DSCN3996
軸受けもプラのまんまですね。
配線は銀配線に変わっています。。。

DSCN3997
左右のメカボックスの色が全然違うのですが、なんでだろ??

DSCN3998
中身はノーマルで、グリスが少し固形化していました。
全体的にやれてはいますが、破損しているところはないですね。

DSCN3999
接点が焼けて無くなっていますね。。。まあいつかはこうなるのですがねw
ver3の物が使えるので交換します。

DSCN4000
いろいろとチェックしていたら、右側のシリンダーが当たる付け根にクラック発見w
マルイでは良くある事案ですが、どうせなので手持ちのマイクロスイッチ付きのver3メカボックスに交換します。
私がプライベートで昔なぜか買った一品wwなにに使うつもりだったのだろうかw

DSCN4001
モーターはG&P M120をミドルサイズの加工して使います。
これで7.4vでサイクルは19発/s前後になる予定です。

DSCN4002
チャンバーは特になにも言われてないのですが、怪しかったので分解するとパッキンが死んでおりますww
交換ですねw
長く電動ガンを使っているといろいろとガタがくるのでどのメーカーもそうですが、定期的なオーバーホールは必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。