A&K M24ミリタリーバージョン

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
年に数回、このA&KのM24が入ってきます。
レア物ですねwしかも今回からお値段が上がっている・・・・w
さて、今回はうちのチーム員の依頼でカスタムをします。
今までなんとかスノーウルフのM24を使っていたのですが、いろいろと限界が来たので新規一転します。
サバゲーという中でM24を使うのであれば、CYMA、A&K、TANAKA、SW辺りでしょうか。
この中で、SWについては、中身がいろいろと問題あるので度外視、TANAKAはパーツが少ないので、精度を維持しようとするとかなり費用が掛かるので、除外。
そうなるとCYMAかA&Kになるのですが、ここは好みの問題かとw
さて、チーム員なので、いろいろとプロトタイプ(試作)を導入していきます。
DSCN4497
箱の中身はこんな感じで、レシーバーとストック部分に分割されており、ネジ3本(1本はスクリューネジ)で固定します。
この方が配送関係はありがたいですね。

DSCN4498
バレルには溝が掘られており、雰囲気はいいです。実なら放熱面積のアップと軽量化の為におこなうのですが、見た目もオシャレなので良いですね。

DSCN4499
インナーはギリギリまで来ています。
キャップは簡単に外せるので、サブとかも比較的付けやすいですね。

DSCN4500
スコープマウントも標準装備ですが、溝の感覚はかなり独自規格なので、ワンピースマウント等は合わない場合があります。
シリンダーは前回同様ステンレスっぽい感じで剛性がかなりあります。

DSCN4501
アウターバレルを外した所。
かなり削って合わせていますね。
ガタがあるようならマスキングが必要です。

DSCN4502
チャンバー部分ですが、基本的にはVSRコピーみたいです。
アームは押しゴム無し之、両面に突起がありそれをパッキンで押すタイプで、長く使っているとホップが掛からなくなる場合があります。
パッキンはGBB系互換があり、特になにもせず入るかと思います。
ただ、チャンバーの合いについては少し加工する場合もあります。

DSCN4503
インナーバレルは520mm
DSCN4504
バレルスペーサーはOリング付きで、1個入ってます。
DSCN4505
バレルはVFCの509mmを使います。
バランスの取れた良いバレルですが、供給量が少なくいつも在庫が薄いw

DSCN4506
メイプルリーフのパッキンを使うので、ホップ窓の当たりを少し加工します。
パッキンの凹凸がBB弾を中心に誘導しやすいように加工します。

DSCN4507
パッキンはこちらを使います。
いつもはダイヤモンドの黒を使っているのですが、なんとなくこっちをチョイスww
硬さは60です。
70や80だと日本の規制では少し硬すぎる感じで、安定しないので50~60ぐらいが良いかと。

DSCN4508
オリジナルのアームを取り付け、この状態でセンター出しをします。
ここからはほぼ感覚www

DSCN4509
押しゴムも今回は初のものを使用。
シリコン製で硬度は60をチョイス。直径3mm
DSCN4510
何回か削ったりマスキングしたいして、ようやく納得できる感じになったので、ここから部品を付けていきます。
DSCN4511
こんな感じです。
あと今回は、使用BB弾を0.25g以上としますので、ホップ最弱の状態で0.25gでストレートな弾道に調整します。
ここからはアウターバレルに合わせてアームの上側を削って調整していきます。

DSCN4513
チャンバーが仕上がって試射しながら今度は初速調整です。
ピストンもガイドも金属製です。リッチですね。。。VSRとは比べものにならないw

DSCN4514
今回最後の試作として、15mmのスペーサーをかましてのボルトのショートストローク化です。
シリンダー容量に余裕があったので少しボルトを引くのが強くなりますが、15mmショート化できるので効果大かと思います。
あとは、パッキン等の慣らしが終わった頃に最終の初速調整をして、ホップ最弱で85m/s程度に合わせていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。