AMG MP44 カスタム

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
この前、誕生日に妻に買ってもらった(自分で補填しています)MP44をカスタムしたいと思います。
大戦時にドイツが開発した現在のアサルトライフルの祖になった銃で、StG44と言いますが、製造時期によりMP43とかMP44と言う名称があります。
中東の方では今でも現役www
DSCN2670
全体的に、プレス加工の感じを出したリアルウッド仕様
やたらマガジンが長いw実銃は30連で、7.92mm×33mmと言うずんぐりむっくりな弾を使ってました。

DSCN2671
うーん無骨w

DSCN2673
性能はこんな感じです。
まあ普通に使えない事はないですね。

DSCN2674
さて、分解ですが、まず左側のレシーバーのネジ2本とピンを外します。
マガジンキャッチも外します。

DSCN2675
ストックの結合部分の右側にあるネジを外します。

DSCN2676
開きになります。
トリガーの左上のネジを外すと反対側のレシーバーが外れます。

DSCN2677
アッパーに食い込んでいる状態になるので、チャンバーを前方におしつつ、力業で下側に抜きます。

DSCN2678
メカボはver2ですが、無理矢理モーターホルダーを付けている感じw
軸受けは、8mm位の真鍮製かな
透明なプラに良い思い出がないのでどきどきしています。

DSCN2679
まあモーターを外すので、ネジを外していきます。

DSCN2680
・・・なぜかスプリングワッシャーが付いているモーターです。

DSCN2681
ご開帳w
はい汚いw以前にも何回か分解しているので、やっぱりねぇぇって感じです。
グリスが固形化していて、クリーニングに時間掛かりますw

DSCN2682
また、たいした事はせず、てきぱきと組み込んで行きます。
この当たりは自分のなので、かなり適当感ありますw

DSCN2683
透明なチャンバーを替えたいので、チャンバー外します。
まず、フロントにあるこの部分をねじねじはずします。
そのあとに、アウターバレルを固定しているイモネジを外して、ハンマーで少しづつ叩いてアウターバレルを外すとチャンバーを取ることが出来ます。

DSCN2684
うーむ・・・適当にそのあたりに有る奴に交換します。
チャンバーの上に付いている金属パーツですが、これはメカボックスに噛ませてチャンバーが回線するのを防ぐ役割があります。

DSCN2685
インナーバレルはまあ普通です。
手元に金属製のチャンバーがあったのでそれに交換します。

DSCN2686
こんな感じです。
結構このメカボックスとチャンバーの結合部分が曖昧って言うか、不安定で、いろいろと調整してやらないと初速が出ない場合が多いです。
これで完成です。
m1903のお供に持って行こうかな?
まあアメリカ軍とドイツ軍でおかしいのですがねW

“AMG MP44 カスタム” への 2 件のフィードバック

  1. 阿部正信 より:

    はじまして、MP44のアウターバレルを外す際のイモネジがわかりません。ご教授願います。

    1. adminseisaku より:

      お問合せありがとうございます。
      うろ覚えですが、圧入だったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。