CYBERGUN SIG MCX 検証

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
ようやく入ってきました。MCX!
今回は検証も兼ねてなんかやりますw
DSCN2713
もう見た目がかっこよすぎるww
セレクター・チャージングハンドル・マガジンキャッチ等アンビ化されています。

DSCN2714
実刻印
レシーバーも凹凸があり見栄えが良いです。

DSCN2715
反対側。
コンパクトなサイズなので、レシーバーエンドにあるQDポイントで、ワンポイントスリングで運用するとちょうど良い感じてすね。
トリガーガードは真ん中が膨らんでおり大型化されています。
グリップは、416系に近い感じで、普通のM4グリップに比べ少し前後が小さい感じです。

DSCN2716
ハンドガードは、キーモッド仕様で、結構スカスカw
中の配線がよく見えるw

DSCN2717
ボルトストッパー付きで、リリースボタンで解除。
ホップアップ調整が楽ですね。

DSCN2718
アイアンサイトは、展開式です。
各種調整も可能
DSCN2719
ストックは二段階で展開可能です。
ワイヤーストックにあるあるな少し短い感はありますw
ストック剛性は高いですね。

DSCN2720
ハンドガード下部です。
ハンドガードを外す時は、このネジを外すのではなく、レシーバーピンを抜くみたいですね。
キーモッドなので細身で握りやすいです。

DSCN2721
ハンドガード外しました。
・・・・バッテリー結構選びますね。
基本的には二股系ですね。
大容量や11.1を使いたい場合は、外部バッテリーかな。

DSCN2723
レシーバーを外しました。
メカボックスはVFCのアバロンシリーズみたいですね。

DSCN2724
ワイヤーストックはこのネジを外すと、上にスライドして抜けます。
なんかオプションでフォールディングストックとか出そうw

DSCN2725
ストック外しました。
QD化されてます。

DSCN2726
セレクターを外します。

DSCN2727
ぼやけてますが、グリップは前がネジ、後方はピンで固定されています。
ネジを入れるスペースが無いのでこの方法なのですね。

DSCN2728
VFC!

DSCN2729
VFCのセレクターアンビギアはバラバラになるので、片方のギアを接着剤で固定します。

DSCN2730
中身です。
VFCは綺麗な部類にはいります。
しかし、シム調整や粘度の高いグリス・タペット・エア漏れ等の調整はします。
エア漏れはほとんどありませんけどね。

DSCN2731
メカボックスも一度グリスはふき取り、ピストンレールは研磨します。

DSCN2732
シリンダーはアルミ製ですが、ぺらぺらではなく、しっかりしています。

DSCN2733
ピストンは、7枚金属がはいっており、ピストンヘット゛はアルミ製です。

DSCN2734
タペットプレートは、少しハイサイクル用に加工します。

DSCN2735
シムが左右1枚程度で調整できるのは気持ちがいいですね。
VFCはお気に入りのメーカーw
しかぁぁし、最近標準でFETが付いているのですが、破損の報告が何件があり、耐久性と言う所ではすこし不安が残ります。

DSCN2736
グリップ内です。
うーんカツカツw

DSCN2737
フロント配線の場合一番ネックになるのが配線通しです。
ほとんどがとても手間w
このMCXはわりとやりやすい部類に入ります。それにしてもバッテリースペースが小さいw

DSCN2738
チャージングハンドルが本物みたいw
クールw

DSCN2739
ボルト機構には、5.56と? ん?7.62mm×39・・AK弾・・・そんなモデルあるのかwww

さてさて、初速は0.2gで94前後で、連射速度は7.4vで17発前後と全然普通以上に使えるではないかww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。