S&T DSR-1 調整

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
ちらほらとS&TのエアコキDSR-1の調整依頼が入ってくるのですが、これがなかなかくせ者でかなりの個体差があります。
その中で、必ずやった方が良いものをいくつか紹介します。
DSCN2691
まずこのパーツですが、これはピストンシアーを押し下げるパーツです。
左の四角い部分に切り込みが付いているのですが、この角度が浅い場合があり、トリガーを重くしている要因にもなっています。
ここを少し削ってシアーの角度と合わせてやることにより引っかかりみたいな感じが消えます。

DSCN2692
これは、シアーがレシーバーに入っている状態ですが、丸い穴が上下にあると思いますが、ここにスプリングが入り、シアーを押し上げています。
このスプリングが少し強い感じなので、ここを少し弱いスプリングに交換すればトリガーが軽くなるのですが、なかなか良いスプリングがないww
弱すぎるとピストンを保持できないですからw

DSCN2694
最後にトリガーを戻す為のスプリングです。
ここも張力が強いので、少しマイルドなスプリングに交換します。

DSR-1は
・トリガーが重い
・弾道がまっすぐ飛ばない
この2点が非常に多く、また調整部分もいろいろなので、現物をばらさないとわからないのが欠点ですね。
ロマン溢れるライフルなので、できればゲームで使えるレベルにはしたいものでねって私は持っていません。
発売された時に買う予定だったのですが、グリップが左利きには容赦ない仕様だったので諦めましたww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。