E&L Mk18電動ガン 通常整備

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
E&Lと言えばAKですが、M4も出しています。
その中でも人気のMK18を整備していきます。
DSCN3104
最近よく、質問を受けるので、この場でおさらいを含めレビューもしていきます。
まず、E&LはPremiumやELITEと言ったモデルがありますが、基本的に中身はCYMAに近いぐらいダメダメです。
それを踏まえてレビューしていきます。
ます、MK18は米軍のソフモド計画により生まれた銃です。
要は、余っているM16A2やM4等を有効利用して、戦術に合わせてカスタムできるようにしようぜっ!仕様です。
で、MK18の特徴はやはり、ハンドガードの結合部のところですかね。

DSCN3105
この部分。
かなりの剛性が有り、杖代わりにして斜面を登っても大丈夫ぐらいですww

DSCN3106
SOPMODでは、コルト刻印が一般的です。
古いレシーバーを使うので、最新のFN刻印はありません。

DSCN3107
セレクターは、簡単に交換できるタイプで、アンビではないのですが、反対側も同軸で回りますので、アンビ化も可能です。
その分分解の手間が増えておりますww
DSCN3108
BSストックですが、ちょうど良い位置にQDがついており、シングルポイントで使うのが便利ですかね。
バッテリーはチューブインで、ストックチューブに蓋がついています。
チューブ貫通型の古いストックでも使える様になのかは不明w

DSCN3109
TOPレールですが、マーキングはありません。
エッジが綺麗に立っています。

DSCN3110
海兵隊でよく使われるサイトです。
超簡易的ですね。光学機器乗せろって事ですw
DSCN3111
分解は、このピンを外したら、アッパーがスライドします。
ピンロックが付いているので抜けることはありません。

DSCN3112
ストックチューブは、ネジ式ですので、一般のチューブは使えません。
専用ナットで緩めて回します。
ここに板ヒューズと、スプリングにアクセスできるQDが付いています。
M4でこの状態でスプリング交換できるのは非常にありがたいw

DSCN3113
このネジを外してスプリングにアクセスします。
メカボックスがQD仕様になっていてもレシーバーが対応していないと結局半分メカボックスを出さないといけないので、この仕様はすばらしい!
DSCN3114
リリースボタンのピンを外します。
ロック機能がついているので、ホップ調整が非常に楽です。

DSCN3115
一応テフロン線みたいな線が付いています。
でマイナスの端子の皮膜が敗れています。
グリップエンドが金属製なので、ショートの可能性があります。
DSCN3116
E&LスタンダードのM120モーターです。
綺麗にプリントされていますが、性能はたいした事はないです。
回転数でEG1000の2/3ぐらいです

DSCN3117
セレクターを外します。
ここのベアリングと、スプリングをなくさないように。
クリック感がなくなりますよ

DSCN3118
メカボックスですが、アンビー仕様の為ギアが付いています。
あと、このモデルはセフティに入れるとスプリングをリリースする機能が付いています。
プリコック仕様とかにすると助かりますね。
で、なぜセレクターギアにロック剤?みたいなのがついているのか???

DSCN3119
反対側です。
アンビの構造はこれがスタンダードかな?

DSCN3120
メカボックス前方には昔はやった補強がされております。
流速等しない限り壊れることは無いかと思います。

DSCN3121
中身です・・・ねっCYMAとたいして変わらないでしょwww

DSCN3122
赤いグリスがべったりです。
セレクターギアものグリスですね。

DSCN3123
よく壊れるで有名なベアリング軸受け。
最初から破損してる・・・まあこの軸受けだけ交換します。

DSCN3124
ピストンです。
最初からPOM型のヘッドが付いております。

DSCN3125
ピストンレールとの合いも特に問題なさそうです。
金属の歯は3枚で、2枚目がカットされている現在のスタンダードです。

DSCN3126
タペットにもグリスがべったりですので、ふき取ります。
ここのグリスをつけるのは、シム調整が雑で、下側のシムが厚いとタペットが動きづらくなるので、グリスを塗っています。

DSCN3127
再度シム調整をして、組み込みします。
配線の逃がしもしっかりとしているし、ギアの精度も良い。しかし組み込みがダメww
中華あるあるです。

DSCN3128

メカボックスが終わったので、今度はチャンバーです。
ダイヤル式の金属製チャンバーです。

DSCN3129
バレル長は、386mmで、歪みも特にはないのですが、L1カスタムですので、交換します。

DSCN3130
完成です。
E&Lは塗装のカスなのが、全体的に少し粉っぽいです。
これがリアルなのかもしれませんがw
写真では汚れているところは全部ふき取りで綺麗になります。
パーツ単位では良い物を使っているので一度分解調整すればもっと良くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。