S&T MG42 カスタム

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
大型の銃のカスタムは色々と体力を削られますね。
その代表格!MG42をカスタムします。
まああまり公開できる写真は無いのですが、苦労をわかって欲しい!w

まずギアです。
液体化と固形化したグリスのシンフォニーとなっております。
ギア交換なので、良いのですが、よく見るギアですよね。

メカボックスですが、セクターギアの軸受けが破損しています。
その他ぬるんぬるんの状態なので、綺麗にしましょう。


マガジンのスイッチセンサーのみ残してクリーニングします。
軸受け部分がかさ上げされているので、削り飛ばします。
これをしておかないとシム調整が大変な場合があるので。
マガジンセンサースイッチは動かないと言う事なので確認したら接点の板バネが破損していたので修正します。

ほぼ中身交換加工して組み込みました。
配線の取り回しと、セフティーのボタンを組むのが大変です。
なおモーターの位置調整は不可能ですので、あらかじめセットアップする必要があります。。。。

アッパーは社外品を使います。
当然加工してぽん付けです。

ピストンの色が歴史を物語っているようです・・

まあシリンダーヘッドしか流用はしないのですが、組み込んで行きます。

で加工してぽん付けなので、穴掘ったり、削ったりはします。
個体差があるのかは不明ですが、アルミなので加工はしやすいですね。

エアノズルは、次世代用の金属を旋盤加工して合わせて取り付けます。
これで完成です。
今回はご予算が豊富にあったので殆どのパーツを交換しましたが、内容によれば流用できるものもありますが、モーターとピストンヘッド・エアノズル・軸受けは全般的に交換した方が良いかと思います。
これで、7.4vで秒間28発ぐらいに調整しており、引きっぱなしで使えて、できる限り消音にしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。