G&G ARP9 調整

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
さて、G&Gの新作の一つである、ARP9を調整します。
ちなみに試射した結果・・・0.2gBB弾と7.4vリポ使用で、初速80m/s前後 連射速度11発/sと・・・なかなか残念さんですww
DSCN2352
特徴は、見たまんまなのですが、短い・マガジン細い・ワイヤーストックかっこいい!ですww
レシーバーは樹脂で出来ており、非常に軽いです。
また、バレルが短い為、発射音はなかなか高い。

DSCN2353
反対側。
セレクターはアンビではなく、刻印もないです。
グリップはオリジナルで、そこそこ握りやすいです。
良い点は、このクレーンストックチューブの中に、綺麗にいれればミニSがはいります。

DSCN2354
アッパーとストックはずした状態です。
びよぉぉぉんって音の原因の一つであるアルミのシリンダーが目立ちますww
オシャレだとはおもうのですがねw

DSCN2355
連射速度が遅いのは、当然モーターに起因する所もあるのですが、シム調整等をしていてもわかる、この真鍮製の軸受けw
めちゃ抵抗になっていると思いますw

DSCN2356
中身は、そこそこなので、再クリーニングと、シム調整・気密加工・ピスクラの低減処置をしていきます。
基本的に、交換部品は、モーターのみw

DSCN2357
専用のタペットですね。
この前やったCYMAのMP5に使えそうww
メモメモw

DSCN2358
ストックには、このようにして、ミニSが入ります。
コツはしたのくぼみにFETの基板を入れることです。
大容量のバッテリーが使えるのは素晴らしいですね。

結局いろいろと設定を変えてみましたが、一番しっくりくるのが、
初速90m/s 連射速度16.5発ぐらいになりました。
バレルが短いので、強いスプリングを入れるので、サイクルが落ちるのは仕方ないのですが、軸受けを替えたら1発ぐらいは上がるでしょうねww
ちなみに弾速を80m位に落とすと連射速度は19発ぐらいになります。
ただ私の意見では、80m/s位の弾速では、30m位で対敵して、撃っても上手い人なら撃ったあとでも避けてきますから、90m/s前後は欲しいですねw

“G&G ARP9 調整” への 2 件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    いちいち芝生やすな、むかつく

    1. adminseisaku より:

      東京からわざわざお見苦しいテキストに指摘して頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。