東京マルイ 89式小銃 GBBR

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
ちとネタが溜まってたので一気にいきます。
今月の初旬に発売された89式小銃です。
当然、予定個数は来ず・・・・しかし2次ロッドではあふれるかな?っと思いつつ、いくつ発注しようか迷っている今日この頃です。
さて、89式と言えば、ご存じの通り自衛隊のみしか使ってない世界クラスでみるとレア物ですw
実銃での特徴は、いらない所に付いている三点射セレクター・左右非対称のグリップ&ストックなどですかね。
ああっ忘れてた。M4マガジンは89に入りますが、89のマガジンはM4に入らないと言う冷徹な仕様w
DSCN3674
国内の物は箱がかっこいいのが多いですね。
この箱だったら捨てられないw
DSCN3675
開封しました。
二脚は外された状態で収納されており、セレクターは「タ」にw試射したのかな?

DSCN3676
今回のGBBRはスチールが結構使われており、重量感・剛性感共に電動ガンを上回ります。
左利きの私には少し握りにくいグリップw

DSCN3677
今回は金属製になったハンドガード。
電動との互換はたぶんないです。
ホップアップ調整時にはこれを外さないといけないのは少し煩わしいかな?

DSCN3678
上からです。
アッパーレシーバーはモナカではなくワンピース構造になり剛性も高くなっています。
リアサイトは、上下左右が調整できる従来品
別途マウントを付けると光学機器を載せることができます。
DSCN3679
今回は、オプションだったアンビが標準で付いています。
自衛官の人は「いらない」と言っていますが、有れば便利w

DSCN3680
左右非対称のストックです。
上からみると良くわかります。

DSCN3681
ボルト引いた状態です。
グリスもほどほどで、バリもなく良い感じですね。
この辺りはさすが国内w
DSCN3682
重さですが、意外と軽いw
確か実銃は、3.5kぐらいあるので、今回も豊和や防衛省が噛んでいるので合わせてくると思ってたのですがw
DSCN3683
マガジンです。
形状は89用に寄せてますが、M4マガジンと同じです。
ですからM4マガジンにも入りますw
DSCN3684
合わせは真ん中ではなく、右に寄せています。
DSCN3685
ピンは上のこの部分。
お客さんの了解を得て、撮影しているので、さすがに分解まではできませんw
DSCN3686
リップはマルイ特有の半月形状です。

DSCN3687
さて、ここで気になる初速を計ります。
マガジン温度は常温の24.5度
DSCN3688
大体77前後です。

DSCN3689
サイクルは13発/s 実銃は11発~14発程度なので、ぼちぼち実に近いかな・・・サイクルに幅があるのは、ガス圧を調整できるからですね。

DSCN3690
弾倉いれた感じ。
悪くはない!

DSCN3692
下から見た感じてず。
普通の負圧式をつかっているみたいですね。

DSCN3694
リアサイトです。
穴が出てないので良くをからいですが、そこそこ見やすい。
DSCN3695
フロントサイトです。

さて、今回は分解等はしてないのですが、インナーバレルが250mmしかなく、400mm程度に交換したいなぁぁって思っています。
噂ですが、自衛隊に納入されたモデルは訓練用の為少し初速が高いとかw調整はこのあたりかなw
動作は、快調でごぎみ良い反動が来ます。M4系より動きは良い感じがします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。