Lancer Tactical LT-29 エンフォーサー MOD Alphaスケルトン

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
6月下旬~7月に掛けて安定供給できる予定のランサーテクニカルのデモ機とでも言いましょうか、入荷したので見ていきたいと思います。
DSC01459
このグリップとストックが連結しているモデルは最近ちらほら見るようになりました。
流行ですねw
付属にバッチが付いています。レッドですが・・・
DSC01460
ショートマガジンが付いている!
DSC01461
普通のマガジンとアイアンサイトです。
DSC01462
違う種類ですが・・・これしかないのか、間違えなのかは謎です。
DSC01463
BB弾・・・バイオではない
DSC01464
ハンドガードは短く斜めにカットされています。
むろんMロックw
マズルが普通なので、もっと攻撃的なのがいいですね。

DSC01465
トリガーはストレートで、アンビではありません。
ストック周りは3Dプリンターで作った感じです。
DSC01466
これのすごい所は、ストックを伸ばせる!
でレバーを引いて後退さすと、一気に抜けますので注意です。
配線がチラ見しています。
DSC01467
こんな感じで、伸ばせますのが、慎重にいきましょうW
ランサーのlogoがでかでかとあります。
ランサーは、日本語に直すと槍騎兵になります。そう呼ばれた車にずっと乗ってたから間違い無い!
DSC01468
反対側です。
マガジンのリリースボタンがあります。
QDスイベル付きですが、結構企画が統一されてないです。
あとメイドインチャイナ・・・たしかアメリカのメーカー・・・
ちなみにこのメーカーMK19ありますw
DSC01469
刻印はLANCERTECHNICALです。
トリガーガードが少し違うだけで通常のレシーバーですね。

DSC01470
上から。
M4にしか見えない。
DSC01471
持った時に思ったのですが、「軽い」です。
これでもメタルレシーバーなんですよ。
DSC01472
0.2gでのノンホップ初速です。
適正まで上げると89m/s程度まで上がります。
バレル短いので、流速っぽくなっています。
DSC01473
サイクルですが、海外にしては高い方ですね。
スタンダードで12発前後が普通です。
サイクル計測の時の初速はあまり宛てにならないので気にしないで下さい。

DSC01474
バレル長は170mmとまあ想定内ですね。
弾道は少し左にそれていましたので、パッキンを交換して、チャンバー調整します。
DSC01475
斜め下から取ったので、歪にみえる。
2点支持パッキンに交換しました。
DSC01476
モーターは無刻印ですが、良くみるタイプですね。
机モータより磁力が強い感じです。
DSC01477
2vでの回転数ですが、ちょっと良いモーターって感じかな・・・
机モーターと言われるノーマルが大体3800~4200程度で、マルイのEG1000が6000前後です。
DSC01478
ピンがめちゃくちゃ硬くで、プラハンで叩いているとセレクターの蓋が外れましたw
あと予想通りですが、ストック外すのがかなり手間です。
グリップは下方向に下げて、ストックの付け根は後方に動かすので、割れない用に慎重にしましょう。
メカボックスのピンをバズしてからの方がやりやすいです。
DSC01479
メカボックスですが、きれいですね。
シリンダーもアルミでは無いのが良い。
軸受けは、ベアリング8mmです。
最近は8mmが標準
DSC01480
反対側です。
配線の逃がしは付いています。
あと、逆転防止ラッチを開放する穴もありますね。
DSC01481
QDになっていますが、ストック付けている状態だとめんどいです。
あとインチピッチです。
DSC01482
中身ですが、KingArmsに似ているかな・・・
グリスはほとんどなく、ギアの良くみる形状です。
DSC01483
磁石がくっつくので、スチールだと思うのですが、削り出しではないと思います。
あとシムが多いww
DSC01484
最初から金属歯になっており、2枚目がハーフカットされています。
ピストンヘッドはガバガバでOリング交換します。
ものすごいスピードで押すと気密取れるのかな?
DSC01485
6ホールですね。
ネジは前からとなっています。
Oリングを交換すると圧縮取れたので、ヘッド自体はそれほど粗悪ではありません。
DSC01486
エアノズルがダメだったww
ものすごい圧縮漏れってかスカスカw
ダブルOリング付きに交換します。
長さは同じですが、太さが違いますが、上の交換したものの方がぶれずに良いです。
DSC01487
トリガーの接点はスイッチですが、カットオフはセンサーです。
アクティブブレーキは付いていません。設定等できるかも不明というww
DSC01488
動作チェックする時は、普通のグリップで行います。
自分で調整する人は用意しておきましょう。めんどくさすぎですw
DSC01489
動作確認と初速調整をして、組み込んでいくのですが、ストック周り意外は、簡単なので、さほど苦労はしません。
トリガーフィーリングは軽く非常によいので、11.1vでハイトルクモーターを回すように仕上げました。
セミのキレがかなり良くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。