ArrowDynamics製 APC9

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
急に上方が流れてきて、急に発売が早まったアローのAPC9を見ていきます。
ノーマルだと、ギアなりが酷く、サイクルも遅いのが特徴w
65発・80発・110発のマガジンがセットで着いているので、撃ちまくらない限りは予備マガジンはいらないかと思います。
近々専用サプレッサーが発売されます。
DSC01511
アッパーとロアーの前後のピンを抜くとアッパーが外れるのですが、後で解ったのですが、私が触ったのは奇跡的に外れただけw
先にアウターバレルを抜く必要があります。
そのためにここのネジを外しましょうw
DSC01512
そして左右のこのネジ
DSC01513
するとアウターが前方へ抜けるので、上にあるこのネジを外せばインナーバレルにアクセス出来ます。
DSC01514
チャンバーはオリジナルです。

DSC01515
バレル長は140mm
結構弾が荒れるのですが、原因はパッキンにありましたので、交換するとかなりマシになります。
DSC01516
ロアレシーバーです。
ロアレシーバーは樹脂製でそれなりに軽い
DSC01517
グリップが細いので、スリムモーターだろうと思っていましたが、その通りw
磁力はそこそこあるのでトルク型かな
DSC01518
セレクターを外します。
ピンを無くさないように
DSC01519
反対側もw
DSC01520
予想通りARES製のアロー製ですw
アローダイナミックスが出しているSR16系に使用されているメカボックスと同じかと思います。
ですので、グリップ等普通のグリップがポン付け出来るのでは無いかと思います。

DSC01521
変なギアなりしてたのは、このネジロック剤的な異物が擦れていた音なのか?

DSC01522
ピストンは金属歯ですが、ヘッドはスカスカで圧縮ダダ漏れでした。
Oリングを交換することにより解消されますが、このまま組み込むと初速がやばいのでは無いかと思います。
DSC01523
今回は、グリスアップやシム調整等ちょっとした調整のみですので、基本的にパーツ交換はありません。
スパーギアは角を削っております。
DSC01524
反対側の所ですが、少し改良されており、セフティがしっかり入るようになっていますね。
以前は、ここが少し甘く、使用しているとセフティが掛からなくなる。。
まあそれは置いといて、組み込みます。
トルクがあるので、ハイスピードギアやDSGを11.1vで回すと面白そうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。