VFC MK48

こんにちは、香川県の電動ガン・エアガンショップ、MASTERS-ECの店長です!
VFCから軽機関銃であるMK48が発売されました。
MK48はM249ミニミと違い7.62×51mmを使用する大口径機関銃となります。
まあミニミより破壊力がある弾を連射したいと言う要望にFN社が答えたのがこれになります。

ノーマルで撃った感じは、リコイルがあり、サイクルは遅めで、テストに使用したCYCでは柔らかいのか弾詰まりを良く起こしました。

フルメタルなのですが、軽いのです!3kg台!
実物は8kgあるのでめちゃくちゃ軽いです。
ヒートシンクって言うか、アッパーのハンドガードは付いていないです。
バレルはワンタッチで外すことはが可能。
キャリングハンドルは角度を変える事が出来ます。

トップレールが付いており、リアサイトは脱着不可能。


ベルトリンク口です。
ミニミの用にM4マガジンを利用することは不可能ですが、本体に500発の弾を入れることが出来ます。


展開
ベルトリンクの付け根にある突起にダミーカートを掛ける事で、ダミーカートを振動させる事が出来ます。


チャージングハンドルを引くと、下のダストカバーが開きます。
ハンドルは少し硬めです。

アウターバレルを抜いた状態です。
M2六角レンチでホップ調整が出来ます。

キャリングハンドルもメタルでここをもっての腰撃ちも楽々可能。

給弾口のピンを外して、パーツを抜きます。


チャンバーから前方に引くことにより抜くことがかまうです。
アームは樹脂で大きめですね。

バレル長は465mm
mapleleafのパッキンだけ交換して組み直します。

続いて、ストックを外します。
ピンを2本抜くことで外れますが、なんか少し保護カバーが破れていますね。
六角はモーター位置調整ですので、ここがメカボックスとなりその上に付いているのがウエイトになります。
リアルショック仕様ですね。

アッパーカバーを外す為にピンを抜きます。
すべて抜ききらずに少し残して置いてスプリングが飛ばない用にします。
穴が見えると思いますが、ホップ調整の穴になります。

紛らわしいのですが、+ネジがホップ調整ではなく、その前にある穴・・・・です

トップカバーの下にあるユニットを外します。主に給弾ルートとダミーカートの振動システムが入っています。

メカボックスが見えてきました。
BB弾が見えますが、その横の穴と反対側の穴がルートとなります。
BB弾は上のユニットを外すときに落ちましたw

側面のネジを外します。3個です。

すると後方にリコイルユニットを引き出せます。
機構としてはピストンが後退したら写真で見える円柱のパーツがピストンに接触して更にピストンが後退するとこのリコイルを押し下げる構造です。
基本的にはM4系のリコイルのような感じですね。
スプリングは柔らかめですので、少し強くしても良いかと思います。(このオーナーはオミット希望しています)

トリガー連動のマガジン給弾モーターの接点を外します。
ただの2Pのソケットなのでそのまま抜けます。

上に上げることでメカボックスを取り出せます。
左が前です。黒いパーツはメカボックスを固定させるパーツですが、これにリコイルユニットが無いとちゃんと押さえることが出来ません。
スパーギアが向きだしになっているのと、小さいモータが見えます。

このモータは、アウターバレルの下にあるチャンバーにBB弾を送り込む為のモーターです。

スプリングはQD式ですが、リコイルを外さないと見えないです。


最近は見る事があまり無かったVFCのハイトルクモーターです。
トルク型入れているのか・・・このモーターの特徴はトルクはそこそこなのですが、11.1vにしてもさほど回転数は上がりません。

中身です。
トリガー周り以外は通常のパーツみたいですね。


モーターはシュートモーターで、磁力が強いです。
相変わらず何もない素っ気ない感じです。

メカボックスのネジを一個外せばトリガーユニットが前方に抜ける仕様でした。
メンテ姓はそこそこ良い感じですが、FETやマイクロスイッチなどゴタゴタしてますね。

ギアもハイトルクが入っていました。
リコイルを7.4vで動かすための設定ですかね。

ピストンはふる金属歯でガイド付き。
それでも少しかじった後がありますねw

ヘッドはデザインに優れた感じなのですが、結構圧縮漏れがします。


ノズル長はM4より少し短いぐらいですね。
エア漏れは無かったのでそのまま使います。

取りが回りです。
このトリガーは外から外すことが出来ない感じなので、後日外してみます。

丸いギアみたいなのがチャンバーにBB弾を押し上げるパーツです。
メカボックスに付いていたモーターと連結して回ります。


最後にリコイルオミットするために、この円柱のパーツを外します。
リコイルユニットを外すと少しメカボックスが動いてしまいますので、ユニットを外すことで出来そうにありません。

11.1v仕様で、12:1ハイスピードギアを加工してモーターはノーマルを使って、秒間20発程度なので、ほどよく撃ち続けることができる仕様にしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。